2020年8月12日

汐川干潟と矢作川河口 Tidal flat & river mouth

昨冬から干潟にシギ類を観に行こうとして、2度肩透かしを食らっている。そもそも干潟がどういうものかすら知らなかったのに等しい。夏休み中、どこかにドライブに行きたそうな夫に、三河湾の干潟に行こうと提案。今度はぬかりなく前日に干潮時刻をチェック。午後3時過ぎだったので好都合。

8月10日、干潮時刻より少し前に汐川干潟(緑が浜公園側)に到着。残念ながら目当てのシギ、チドリはおらず、ダイサギ、アオサギ、カラス類、カモメ類がメイン。はるか遠くにカワウやミサゴらしきシルエットも。

遠い干潟から近くに視線を移すと、夫が「いま、大きめの鳥があっちの崖のほうに飛んでいったよ」と言うのですかさず双眼鏡で探すと、イソシギ発見。近所の川でも見られる鳥だけど、ふいに地面(海底)から崖に飛び上がる不思議な動きを見せたと思ったら、写真にフナムシを捕らえた瞬間が写っていた。「おぉ~、やったぞ、イソシギいた~」と夫は嬉しそう。

崖に飛び上がり、フナムシを捕らえたイソシギ

 

イソシギは、フナムシの天敵のひとつであるらしい

翌8月11日、一色海浜公園側から、廃屋?の屋根に結集するカワウ発見。概算で250羽。意外と静か。みなほぼ同じ方を向いているのはなぜだろう。

 久しぶりの海

 

少し移動して、みなとまち緑地側より平坂入江(へいさかいりえ)の河口を臨む。堤防の先端に鳥がいるぞー

川を挟んで鳥たちの正面に来た。ドバトみたいな色だけど、もっと大きい。

私のカメラではこれが精いっぱい。夏にいるカモメ類で脚が黄色いとなれば、ウミネコの成鳥?

また少し移動。河口といい、火力発電所といい、周辺の田畑といい、普段のスケール感では面食らう。


 トラクターの後ろを小走りして追いかける数羽のアマサギにしばし笑う。

 

自分の町を流れる矢作川の河口近くでは、カヌーなどする人々もいて、淋しい感じはなかった。冬はどうだろう。

2020年8月9日

星つきのチョウ Taking a rest

庭に、初めて見るチョウが羽休めに来ました。来た頃は翅を開閉させていたのに、カメラを構えてからはいっこう翅の表を見せてくれず、マルバノキの葉の裏で30分以上経ちます。翅の裏の模様から調べると、ホシミスジだそう。ホシ=星で、なるほど羽に星が点在しています。

8月12日追記: なんとこのチョウ、翌朝になってもまだいて、日が当たり始める頃にいなくなっていました。ようやく翅の表が見えました。

2020年8月7日

103土手さんぽ Morning walk

8月6日、最低限の朝の家事を済ませて土手へ出ると、8時37分。すでに釣り人たちがいる。晴れでも午前中は気温が30℃を超えない予報だったので、前日から早朝を狙っていたのだけど、幸運にも実際は曇りに近かった。堤防道路沿いのサクラ並木に通りかかると、聞き慣れない声がしたので双眼鏡で観たけれど、スズメが数羽いるだけ。スズメもこんな声で鳴くのかなぁと、腑に落ちないまま通過しようとしたとき、並木と反対側の斜面に動くものが!

 

低空飛行の末、茂みに「ひっかかった」

 頭に産毛が! 巣立ちビナだ!
場所的に、ホオジロかな?と思った数秒後
バッタをくわえた親ホオジロ♂が見つかった  ホオジロはオスも育雛するんだな

数秒間隔で鳴きながら、眠る? さすがホオジロ、ヒナであっても鳴き声は大きく、対岸まで響いていた

スズメがいたサクラの枝でも見つかった この辺りで計3羽 巣立って数十分後かも

色合いや胸のあたりがアオジ♂に似ている こんな頃から最外尾羽(いちばん外側の尾羽)が白い♪

最近オオヨシキリの「地鳴き」を知った さえずらなくなったのでいなくなったと思っていた

甲羅で目玉焼きできそう

おもしろい顔

2020年8月5日

本日の屋上庭 Today's roof garden

7時前には水やりを終わらせて・・・

初挑戦のインゲンは、葉が茂るばかりで

実がとても少ない

花数のわりに、結実しない

ミニトマトも今年は不調 花つき、実つきが悪い

パセリは好調 生ゴミ堆肥はやっぱり葉もの向きか

ナンキンハゼ、上へ上へ 葉の並び方と形がユニーク

アサガオとオクラ オクラも葉だけで終わりませんように

辛いトウガラシ 張り切って3株植えたうちの1株が好調

しっかりカライので、今夏は自家製だけで間に合いそう

実ものでもうまくいくこともあるからよく分からない

もうひとつの屋上では、梅雨明けを機に遮光カーテン設置でようやく安心

遮光カーテン設置前は、見張りも限界で葉焼け少々 これも自然な感じでOK?

直後は痛々しかったけど、だんだん馴染んできている

茶色の斑入り品種なの♪

ストレリチアの子株が勢いづいてきた 困ったなぁ

ウンベラータその後 Ficus umbellata

直射日光はいよいよ厳しい。葉焼けしやすいので、遮光率の高いシェードカーテンの下や窓辺で管理中。

親株 なかなかバランスよい見た目になってきた

子株 成長が早い

2020年8月4日

103土手さんぽ Morning walk

いよいよ最も過酷な8月に突入。強烈な日差しで歩いている間にカメラ(黒いから)の外側が熱くなってくる。少しでも気温が低い/陰る時間帯を見つけて歩きたいけど、どうなることか。

8月2日

セグロセキレイ幼鳥の羽色に変化が

灰色の幼羽から黒色へまだらに変わりつつある

兄弟?と追いかけ合っていることもあったけど、この日は単独で餌探し

セグロセキレイを追いかけているうちに、直立姿勢のカワセミ登場 羽色が黒っぽいので幼鳥?

遠くの畔に子連れのキジ♀発見  暑さが厳しく、再び子らが現れるまで待てず

8月3日

ナミアゲハ 水分補給中?

カワラヒワの脚はピンク色なんだなぁ

胸に縦縞が見えるので幼鳥かな?

尾羽がひどく傷んだキジ♂ 何があった? それとも単に換羽中?

またイタチが私のほうに! そしてまたカエルを! ピンボケでよかった・・・

枝葉の隙間にみーつけた