2018年7月22日

厳重警戒下を歩く WGBT: Severe Warning at 9:00 a.m.

犬の散歩して、屋上と庭の草木に水やりして、朝食作って食べて・・・で、どう頑張っても9時。暑さ指数は既に「厳重警戒」。首に保冷材を巻いて、対岸は行かないと決めて、いざ出発。土曜日、日曜日とも時々風があり、自分の汗が冷えて心地よい。木陰に入ると涼しくて涼しくて、木ってなんてありがたいのかと涙が出そう。朝9時でも片道30分ずつが限度。午後は恐ろしくて歩けない。

土曜日 朝9時 比較的大きな雲があり、時折日射が遮られました ありがたや~と雲を仰ぎ見ました

ツバメシジミ 小指の先ほどしかない シジミほどのサイズだから 「●●シジミ」と呼ぶのかな?

シオカラトンボ

アブラゼミ 見かけるものの声がしない それともクマゼミの声にかき消されているだけ?

名にふさわしく大きい クマゼミ 声に反して涼しげな外見 カエデやサクラの木が人気のようです

水際のカワウ 暑そう 水の中にいればいいのに~

眼下に心の友現る! 今日はパートナーと一緒

メスかな? 幼鳥かな? 派手なオス以外をこんなに近くで見たのは初めて

毎日暑いねぇ

厳重警戒だからね

茂みで過ごすといいよ

今後しばらくは橋まで来たら折り返すことに 片道30分ずつが限界 風が気持ちいい!

日曜日は土曜日より雲ひとつない快晴 こちらはオオシオカラトンボのオスかな?

再びシオカラトンボ

こちらはヤマトシジミのようです

ツマグロヒョウモンも何度か見かけます

ふたたびオオシオカラトンボ

木陰で休むツマグロヒョウモンの正面

暑いよねぇ~

サクラの木の根元近くに ひとつ・・・

ふたつ発見

ナガコガネグモ

0 件のコメント: